学校の文化 担任の先生より

264)居眠りする特別支援学校の先生が職員会議で放った一撃

こんにちは、雑賀孫市です今日は、とある授業になると子供の指導そっちのけで、本棚にもたれて居眠りをしていた(る?)先生について書いていきます。

それは、人間だれだって疲れていれば眠くなることもあります(一応フォロー)。コロナがあるからとマスクをしているので、ガンガンあくびがでても、下顎の動きで悟られなければ大丈夫です。しかし、当時コロナウィルスはなく、新型インフルエンザが流行る前後のことでした。

【授業での様子】
その先生は、まず子供に、お気に入りの教材(おもちゃ)を複数渡し、「これ、楽しいねー。」と見せます。
子供は当然、目の前のおもちゃに夢中になります。

そこから、先生の居眠りタイムがスタートします
足を投げ出し、本棚にもたれ、頭は下を向いています。
いつまでそうしているんだろう…。

スイッチ、オフ

実験したくなったので、その先生が見ていた子供に合図をして、「こっち、きなー」。
呼ばれると喜ぶので、やってきた子供の相手をして、先生が動くかどうか見ていました。

そうこうしているうちに先生の目が覚めました。
すみませんなどとは言わず、「あ、あぁ」みたいな感じ。
「もう時間ですねー」と時間を確認し、子供を連れて出ていきました。

【職員会議】
話の流れは忘れましたが、事故が起きる、子供に十分目が行き届かないという話でした。

そこへ、例の先生が挙手!何を言うんだろう?と思っていたら

「これだけ厳しい体制のなか、こんなに先生方は頑張っているのに、指導する教員の数への配慮や体制づくりに、もっと関心をもって頂けなければ困ります!」

ええーーーー、そのセリフ、あんたが言うの?
後で他の先生と、「あのセリフがでるとは、予想できなかったね。」と笑ったのを覚えています。

私の主張は、正しいの、よー

【いい先生とは】
その先生は、はきはきと話し、ダンスなど人前でのパフォーマンスになると俄然はりきります。
リーダーシップをとって、若手をひっぱっているように見えます。(付き合わされる若手)

ここがアピールポイント、だー!

誰しも得意なことはあります。
しかし、どこか突出しているだけで、できる先生だと決めつけないで欲しいのです。

地味でも子供がいる間、為すべきことをきちんとやっている先生もいます。

人を評価する立場の方は、よく見て、聞いて、言うべきことはきちんと言うことで、真面目にやっている先生がバカをみないように、お願いしたいと思います。

https://magomago1.org/263howdoyouwanttospendatimeelderage202010/
前回のブログは、「263)介護の英語に参加して考えたこと(日本の超高齢社会に向けて)」です。フィリピン人が日本語を学び、日本で介護職になるために勉強するネット上のミーティングに参加するまでを書きました。

https://magomago1.org/265howmanymoneydoerheneed202010/
次回は、「265)子供に障害があるとき、後で困らないように、いくらくらい残せばいいのか」です。

スポンサーリンク
まごいちブログ☆作業療法と特別支援教育をつなぐ